オイル スーパーフード

ココナッツオイルの使い方決定版!豊富な使い方と一日の摂取量がまるわかり

更新日:

コスメコンサルタントMamiです。
話題のスーパーフード!
ハンズオーガニックエクストラバージン【ココナッツオイル】
モデル愛用!一番搾りのみ使用の、贅沢なココナッツオイルで脂肪燃焼!の効果・効能は昨日お伝えしましたが、分かり難いのが使い方ですね。
私が行っている摂取方法をお伝えします。

ココナッツオイルを日々の生活に取り入れる方法まる分かり

一日でスプーン2杯の摂取が目安
ココナッツオイル使い方

朝食のパンにはバターの代りにココナッツオイル

バターやサラダオイルをココナッツオイルへ置き換えるだけなので、慣れてしまえばとても簡単です。
スクランブルエッグ
食べる人は炒める油をバターからココナッツオイルへ変更


トースト
バターをたっぷり塗る人はココナッツオイルへ変更
美味しいですよ!パンにココナッツはすごく合うと感じる人が多いと思います。


フレンチトーストやパンケーキ
かけるシロップをココナッツオイルへ変更。
ココナッツの香りがより一層美味しさを引き立てます。
ココナッツパンケーキ


果物
フレッシュフルーツにココナッツオイルをかけて、レンジで1分チン
果物はレンジで温めることで、体を温めるだけではなく、ビタミン損失は低いのに、そのほかの栄養素の吸収率が上がります!


温かいコーヒーやココア
一杯につき小さじ1杯のココナッツオイル
味に変化はないので、お手軽にフレーバーコーヒーを楽しんでいる感じです。

ココナッツ 使い方

おやつにはお麩とココナッツオイルで簡単シュガーラスクで美味しいのにダイエット

【材料】
焼き麩   30g
?エキストラバージンココナッツオイル       40g
(固まっている場合はレンジで20秒チンして溶かしてから使ってください)
?ブラウンシュガー   大さじ3
【作り方】
・ボールの中ですべての材料を一気に混ぜる
・表面がきつね色になるまでフライパンで弱火で焼く
・熱いうちに、ブラウンシュガーをふりかける
焼き麩は一口大で食べやすいだけではなく、高たんぱく低カロリーのダイエット食材です。

さらに、血中脂肪排泄・糖尿病予防・肥満予防・風邪予防・美肌効果などがあるので、ココナッツオイルとお麩は最強の組み合わせですね。

ココナッツオイル お風呂

ハンドクリームやボディクリームの代りに体に直接塗って保湿

すごく少量で伸びますし、肌なじみが良いのでべたつきません。

ココナッツオイルは固形になる温度が高いので、日本の冬ではかなりの確率で固まっていると思います。
固形のオイルを塗ると、考えている以上に多すぎる!場合が多いので要注意です。

ココナッツオイルをお風呂に入れる

お風呂のバスタブにスプーンで3杯ほど垂らして入浴してください。
お風呂に入れると、薄いベールで体中がつつまれるので、全身がべたつかず潤います。
身体に塗る手間もなく、手の届きにくい背中まで潤います。

ココナッツオイルをヘアオイルとして髪に使う

お風呂上がりの濡れている髪につけるのがベター。
小さじ半分ほどのココナッツオイルをてのひらに取り、髪になじませます。

艶が出るだけでなく、髪全体の落ち着きも出て、スタイリングがしやすくなります。

-オイル, スーパーフード

Copyright© CosmeLabo , 2017 AllRights Reserved.