女性のためのコスメ選びをサポート。コスメコンサルタントMAMIがアンチエイジング、オーガニック、ナチュラル、敏感肌コスメを口コミ評判レビュー!

CosmeLabo

クレンジング 洗顔 ドクターズコスメ・クリニカルコスメ

毛穴エイジングに終止符を打つドクターK|ドクターケイ”クレンジングジェル”

更新日:

高濃度ビタミンのドクターケイの処方である黄金レシピ
ふつふつとエイジングケアを求める女性の間で支持が広がっています。
特に毛穴エイジングに力を発揮しているドクターケイの支持が大きく広がる前に、当サイトでご紹介しますね。

年齢肌に対抗するための「カクテルビタミン」
これは皮膚専門家の秘伝の処方で、シミシワが出来てハリの無い加齢を感じている肌のためのコスメです。

黄金レシピ「カクテルビタミン」の秘密

ドクターケイのカクテルビタミン

ビタミン研究の分野の先駆者である亀山孝一郎医師は、大人ニキビ・毛穴・エイジングの悩みに対してビタミンC,E,Bなど単独ではなく、ブレンドして用いることで効果が変わることを発見しました。
特に黄金比といわれるレシピがあり、そのビタミンブレンドだと、毛穴エイジングへの改善に対して驚くほど成果が上がることを研究から発見しました。この黄金比率のブレンドエッセンスが今ではカクテルビタミンと呼ばれ、エイジングケアに大きく貢献しています。

クレンジングは必要悪なのか

クレンジングの必要性

「毎日のメイク。それを落とすクレンジングと洗顔」その繰り返しは肌へのダメージに他なりません。もっとも肌にダメージを与えないのはメイクもせず、クレンジングもしないことです。それは無理な相談ですよね。

厳選された良質なクレンジングは美肌を保つためにとても大切なのです。
クレンジングは肌を美しく保つ基本です。


ここ数年の傾向として、メイクや下地、UVケアなどのコスメは日々進化しています。
そして、崩れにくくなっているのです。
コスメには脂分が含まれているので、メイク類を浮かせて落としていくためにはクレンジングが必需品。肌にコスメの成分が残っていると、皮脂が酸化するためシミの原因にも紫外線を吸収する原因にもなります。

クレンジングは肌を維持するために必要なのです。

クレンジング選びはとても重要

クレンジングは必ず肌に負担になりますが、日々使うコスメの刺激物を落とすためには必要なものです。メイクは脂分なので、肌に残すことなく落とすにはある程度の洗浄力が必要です。しかし、クレンジングで肌をこすってしまうと、しわやたるみの原因になっていくのです。毛穴エイジングを実現するためにも、どのようなクレンジングを使うのかは大切なことです。
それらの負担を肌にかけないために、クレンジングには相応の品質が要求されます。

  • 出来るだけ肌に負担をかけない
  • 厚みがあり、指と肌の間のクッション材になるもの
  • 肌に優しい成分で出来ているもの
  • 肌に乗せている時間を出来るだけ短くする
  • 素早くメイクと馴染んで浮かせることが出来る
  • 落とし残しなく洗い流しが早いこと
  • 性質成分は安さを追求しない価値あるものであること

その日の汚れはその日に落として持ち越さない

肌のためのクレンジングはカクテルビタミン
毎日、肌には大きなストレスが蓄積しています。皮脂を酸化させ、肌を乾燥させ、炎症、酸化、大人ニキビの原因にもなります。
  • 紫外線
  • メイク
  • UV製品
  • 大気汚染物質(PM2.5など)

結果として肌の老化を引き起こし、毛穴の開きにもつながります。

きちんとケアしないとダメージが蓄積されて肌の老化につながります。大気汚染物質は、肌老化を促進する!という研究結果すらあります。

新製品 ケイカクテルVクレンジングジェルクリーム

4種類のコスメで実験をしてみました。
ウォータープルーフ口紅、口紅、アイシャドウ、リキッドファンデーションの4種類です。

ウォータープルーフ口紅だけは落とすときに、指でなじませる必要がありましたが、他の3種類については指でジェルをなじませなくても、つけた途端溶けていくようなそういうジェルでした。

ドクターケイのクレンジングジェルの実験
?肌への負担を極力減らした処方で作られたのがカクテルビタミンを入れて作られた高機能クレンジングジェルです。
ドクターケイのクレンジングジェル
ジェルタイプの良い点はすすぎが簡単なので、こすることなく流すことが出来る点です。日中帯で肌に蓄積した多大なるストレスを洗い流し、肌に潤いを与えます。
日中に肌に残ったメイク、コスメ、皮脂汚れ、花粉、大気汚染物質などをしっかり落とすにもかかわらず、肌を包み込むようにしっとりと健康的に潤いを与えます。

ケイカクテルVクレンジングジェルクリームを使ってみた口コミ

ジェルの色自体がビタミンの色
カクテルビタミンを象徴しているカラーだと思います。

 

私は全般的にメイクが薄い方だと思いますが、UVケアはしっかりしています。
そのため、見た目に見えていなくても、肌にはUVケアクリームが残っているのを感じていますが、ケイカクテルVクレンジングジェルクリームは問題なく落としてくれます。

ドクターケイのクレンジングジェルの色はカクテルビタミン

ジェルタイプなので、指が肌につかないだけの厚みがあって、ぬるぬると肌に伸ばしていくような感覚です。
すすぎが早いのも大きな特徴だと思います。
花のフローラルな香りがしますが、甘すぎません。

drkIMG_2246

皮脂の多い鼻の部分はすっきりと洗い上げますが、皮脂の少なく乾燥しやすい頬の部分はクレンジングが少し強いかもしれません。
乾燥しやすい部分は、あまりクレンジングジェルを伸ばさないように使うといいと思います。

洗った後のツッパリ感は全くありません。
毛穴部分の落ち方はとても満足いくもので、毛穴エイジングにはピッタリのクレンジングジェルだと思います。

ドクターケイ ケイカクテルVクレンジングジェルクリームの成分

全成分

水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、PEG-10水添ヒマシ油、DPG、BG、イソペンチルジオール、ジグリセリン、3-O-エチルアスコルビン酸、リノール酸レチノール、トコフェロール、ピリドキシン環状リン酸、グルコシルヘスペリジン、シアノコバラミン、グルコシルルチン、アスタキサンチン、乳酸桿菌/ハス種子発酵液、サッカロミセス/デイリリー花発酵液、ビブリオアルギノリチクス培養液、加水分解アルギン、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、プルラン、カルボマー、ベタイン、水酸化Na、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラベンダー油、オレンジ油

ドクターケイのクレンジングジェル成分

カクテルビタミンで7種類をブレンド

※ビタミンA:リノール酸レチノール(保湿成分)、ビタミンB:ピリドキシン環状リン酸、シアノコバラミン(保湿成分) 、 ビタミンC:3-O-エチルアスコルビン酸(保湿成分)、ビタミンE:トコフェロール(保湿成分)、ビタミンP:グルコシルルチン、グルコシルヘスペリジン(保湿成分)

最後に

ドクターケイの高機能コスメラインナップ

美容皮膚科医亀山孝一郎医師は、大人ニキビや大人の毛穴の開きなど、加齢とともに移ろっていく肌の変化にエイジングを行う高機能なスキンケアを考え抜いたのがドクターケイです。カクテルビタミンが毛穴エイジングを実現して、使いやすく、肌に優しい処方を実現しました。
高機能、高濃度、高感度、エイジングケアの4つを実現した新しいコスメです。

毛穴エイジング ドクターケイ

http://www.doctork.jp/

-クレンジング, 洗顔, ドクターズコスメ・クリニカルコスメ
-, , ,

Copyright© CosmeLabo , 2017 AllRights Reserved.