コラム

小泉今日子さんら<アンチエイジング>大嫌い!!

更新日:

「アンチエイジングって言葉が、大嫌い」
40代向け女性誌「GLOW」(宝島社)9月号に掲載された対談のメンバーは人気女優の小泉今日子さん(50)と社会学者の上野千鶴子さん(68)

その対談の中で「アンチエイジングって言葉が、大嫌い」と言い切ったのは小泉今日子さん(50)です。これに共感する女性の輪が広がっています。

小泉今日子さんと上野千鶴子さんの対談

コスメ大好きコンサルタントMAMI
上野さんは東京大学の名誉教授で専門は社会学!女性学やジェンダー論の専門家です。

小泉今日子さんさん
「私もです。ずっとアイドルの仕事をしてきて、30代の半ばくらいから『かわいい』って言われる中に、『若い!』という声が入ってくるようになって。これ違くない? 喜んじゃいけないんじゃない? って」

小泉今日子さんは、美魔女=年齢より若く見える女性が美しいという風潮にはっきりと疑問を投げかけました。

そもそも劣化や賞味期限なんていう言葉を使うこと自体がバカげてる」「年相応が理想」で「中年の星」で良いんじゃないか?ということ。

上野千鶴子さん
「女性の価値は賞味期限付き。若さがなくなると女の値打ちが減るとみんな思い込んでいたからじゃないですか。日本の男が女にそう思わせてきたのだけど」

雑誌GLOWのスタンス

アンチエイジング大嫌い
雑誌GLOWは 40代前後の「アラフォー」女性を対象に「国民的美魔女コンテスト」が始まった年と創刊が重なります。
当時もてはやされた「美魔女」とは一線を画し「加齢を否定しない」スタンスを押してきました。

そんな中で、雑誌GLOWの編集長は
「当初は『年を取った自分が好き、とか負け犬の遠ぼえに聞こえて痛い』とも言われた」と。。。

そういった圧力がある中で、創刊10年は素晴らしいですね!

資生堂のプリオールでの調査結果

プリオールは資生堂が50代以上向けに発売したブランドです。

プリオール発売前に資生堂がが55~79歳の女性を対象に行った調査結果があります。

  • 「実際の年齢よりも若く見られたい(23%)」
  • 「若さを取り戻したい(23%)」
  • 「いつまでも輝いていたい(53%)」
  • 「年をとっても新しいことにチャレンジしたい(47%)」

若さへのこだわりではなく、年を重ねた現在を充実させたいという想いが強いことが分かったのです。若さを求めるのではなく、今の自分が引き出せる最大の美しさを引き出したいと考える方が増えた結果が如実に出てきましたね。

世界最高齢の現役ファッションモデルは88歳

いくつになっても美しい

ギネス世界記録に認定されている英国人の現役モデルダフネ・セルフさんは88歳!
この型が書いた著書は「人はいくつになっても、美しい」(幻冬舎)
発売から一か月で3万3000部を突破して、多くの女性の共感を集めています。

コスメ大好きコンサルタントMAMI
大切なのは自分なりの美しさを忘れないことだと私は感じました。

まとめ

女性の賞味期限は無く、年を取るスピードは人それぞれ違うのだから比べる必要はないということ。
美しく年を取るという意味も人それぞれだということ。
美魔女を目指す人もあり、年相応の美しさを求めるのもあり、それはその人その人の生き方ですからね。

モデルダフネ・セルフさん著書「人はいくつになっても、美しい」

ダフネ・セルフさんのように凛とした美しさを保ちながら、年齢を重ねたいと思います。

そして、
どんなに年を取っても、大切なことは変わりません。
人に感謝し交流を持ち続けるということです。

-コラム
-, ,

Copyright© CosmeLabo , 2017 AllRights Reserved.