女性のためのコスメ選びをサポート。コスメコンサルタントMAMIがアンチエイジング、オーガニック、ナチュラル、敏感肌コスメを口コミ評判レビュー!

CosmeLabo

化粧水・乳液 紫外線UV対策 KOSE

米肌maihada|澄肌美白化粧水と肌潤化粧水の使い方比較口コミ

更新日:

Koseの米肌には大人気の2種類のシリーズがあります。

  • 米肌 澄肌美白スキンケアライン
  • 米肌 肌潤スキンケアライン

「どんな時にどっちを使ったらいいの?」そう思うのももっともです。種類が多ければ多いほど、選択するときにどうしたらいいかな~って思っちゃいますよね。

クスミと透明感のある美白ケアをするなら【澄肌美白スキンケアライン】
肌の潤いを求めて毛穴ケアをするなら【肌潤スキンケアライン】

私は米肌アンバサダーに就任して、澄肌シリーズをご提供いただきました。肌潤トライアルセット(潤い体感セット)を購入した時に、肌潤化粧水の潤いにカンドーしたので、澄肌美白スキンケアラインについてもとっても期待感↑↑↑
折角ですから、肌潤スキンケアローションと、澄肌美白スキンケアローションを比較してみたいと思います。

肌潤化粧水 比較

コスメ大好きコンサルタントMAMI
今や大人気となっているコーセー米肌化粧水を比較してみました!

KOSEコーセー米肌 澄肌美白ローションと肌潤化粧水の比較口コミ

スポンサーリンク

澄肌美白ローションと肌潤化粧水のテクスチャー比較

どちらもサラサラっとしているけど、ほんの少しのとろみがあります。
肌なじみが良く、スーッと肌に染み込んでいくような感覚で、べた付かないのが米肌の大きな特徴ですね。浸透率がすごく良くて、肌がさらっとしているのに潤いのある質感が好みです。

KOSEコーセー米肌のサラッとする浸透感とテクスチャーが好きな女性も多いんじゃないかなと思います。

KOSEコーセー 米肌澄肌美白ローションのテクスチャー

わずかに白濁している米肌美白ローション

澄肌美白化粧水 口コミ

この中には驚きの「超微細乳化技術」が詰め込まれているのをご存知でしたか?

コスメ大好きコンサルタントMAMI
美白化粧水なのに、潤いまで追求しているのはこのエモリエントカプセルのおかげ!

みずみずしくふっくらうるおい満タン肌へ導くために、エモリエント成分を米肌独自の超微細乳化技術で細かくして、さらにたっぷり配合しています。エモリエント技術

化粧水が肌に馴染んだ瞬間にエモリエントカプセルがはじけて肌に潤いをとどけるのです。
これがさっぱりしているティスチャーなのに、肌に潤いをとどける秘密なのです。

澄肌美白ローションの後肌はしっとりやわらかに返信して、肌表面もなめらかになります。滑らかになることで、光を奥まで通し反射させて肌の透明感を高めてくれます。

コーセー 米肌澄肌美白>>

KOSEコーセー 米肌肌潤ローションのテクスチャー

少しのとろみがあって、透明な肌潤ローション

肌潤化粧水 口コミ

コスメ大好きコンサルタントMAMI
とろみがあるとべた付くイメージですが、後の肌はまったくべたつきの無いサラリとしているのが米肌の浸透の良さですね。

この中には肌を柔らかくして、潤いをとどけるための工夫がたくさん入っているんですね。
まずは、角層をゆるめ、すみずみまですばやく潤す「モイストリレー効果」

モイストリレー効果

美容成分を肌まで届けるのに必要なのは、硬くなった角層をほぐしてあげることです。
硬い肌にはなかなか化粧水が浸透することは難しいので、潤いが浸透しやすい柔らかな肌へと整えることが美容成分を有効に活用する上でとても大切になってきます。

肌潤化粧水にはいっている角層柔軟オイルが角層同士の結合を一時的にゆるめてくれます。
それによって、美容成分が浸透しやすい状態に整えられて、ライスパワーNo.11をはじめとする美容成分が浸透して角層内を潤いで満たすのです。それによって、美容成分が肌の奥の必要としているところまで届けられて、うるおい肌を実現します。

さらにその上から発酵ポリマーがラッピングをすることで、潤いを長持ちさせてくれます。

コーセー 米肌で理想的な素肌を>>

澄肌美白ローションと肌潤化粧水の香り比較

両方とも無香料無着色処方です。

でも、良ーく香ると原料の香りが感じられます。
ちょっと甘くてちょっと発酵の香りがしますが、香りに敏感じゃないと感じられないかなと思いました。

澄肌美白ローションと肌潤化粧水の成分比較

両方とも共通で無香料、無着色、鉱物油フリー、アレルギーテスト済みになっています。
敏感肌の方にも安心して使える様に刺激の少ない処方になっています。

KOSEコーセー 米肌澄肌美白ローションの成分

美白有効成分:ビタミンC誘導体※
成分表示でいうと、L-アスコルビン酸2-グルコシドがビタミンC誘導体の美白有効成分です。

米肌 化粧水 比較

保湿成分:米ぬか酵素分解エキス、ハトムギ発酵液、乳酸Na、グリセリン、グリコシルトレハロース
肌潤ローションの様にライスパワーNo11は入っていないのですが、これらの保湿成分のブレンドによってしっとりした質感を実現しているんですね。

L-アスコルビン酸2-グルコシド※、 精製水、ジプロピレングリコール、エタノール、1,3-ブチレングリコール、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、コメ発酵液、ハトムギ発酵液、加水分解コメヌカエキス、天然ビタミンE、エデト酸二ナトリウム、セトステアリルアルコール、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ポリオキシエチレンアルキル(12~15)エーテルリン酸(8E.O.)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、リン酸一水素ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム、親油型モノステアリン酸グリセリル、水酸化ナトリウム、乳酸ナトリウム液、濃グリセリン、エチルパラベン、メチルパラベン

KOSEコーセー 米肌肌潤ローションの成分

保湿成分:ライスパワー®No.11/ビフィズス菌発酵エキス/大豆発酵エキス/乳酸Na/グリセリン/ グリコシルトレハロース

米肌 比較

やっぱり肌潤化粧水の一番の注目成分はライスパワー®No.11ですね!
肌の水分保持機能を改善する唯一の有効成分として認められているのです。加齢とともに減少してしまう肌の中のセラミドを生み出す力をサポートしてくれるのがライスパワー®No.11で、セラミドが潤沢にあると、肌が十分な水分を抱え込むことができ、潤いに満ちて、キメが整うのです。

結果として毛穴が目立たなくなってきます。

水・BG・エタノール・グリセリン・ジグリセリン・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・オクチルドデカノール・キサンタンガム・クエン酸・チオ硫酸Na・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・乳酸Na・メチルパラベン

※ライスパワー®No.11はコメエキスです。
※角層柔軟オイルはオクチルドデカノールです。

澄肌美白ローションと肌潤化粧水の口コミ感想比較

もちもちの肌を目指したいなら、間違いなく肌潤化粧水が良いと思います。
肌への浸透力や、付けた後の肌の状態は肌潤化粧水が気に入っています。

コスメ大好きコンサルタントMAMI
今までも肌潤化粧水について一貫してこのブログに書いているのは、翌朝の肌のもちもち感がと~っても良いことです。

付けた直後よりも、翌朝の肌の状態が良いという事は、有効成分が肌に浸透して持続していることなんじゃないかなといつも肌潤化粧水をつけた翌朝は思います。肌がゴワゴワしていたり、乾燥していると毛穴も開いて黒くなってくるのが一般的です。美しい肌を作る第一歩は何よりも保湿なので、毛穴への悩み、小じわへの悩みなどは保湿で解決できたりしますよ

そして、肌潤美白ローションですが、美白を追求しているのに、保湿もちゃんと両立しています。
ごわごわ肌まで乾燥が進行している場合は、肌潤ローションが良いと思いますが、美白を目指したい方にとってビタミンC誘導体と発酵エキスとのダブルの力で輝くような透明感を目指しています。

澄肌美白化粧水 比較

日焼けなどからのダメージで肌へ蓄積したメラミンの生成を防ぐには、いち早い澄肌美白ローションの使用がおススメです。やっぱり美白にはビタミンC誘導隊ですよね。

コスメ大好きコンサルタントMAMI
美白コスメは潤わないと思っている方はその考えが根底からくつがえる美白×保湿実現の澄肌美白ローションです。

お米と発酵の力を存分に引き出して、さらにビタミンC誘導体を合わせることで角層の隅々まで浸透して、シミそばかすへのアプローチとしているんですね。

肌潤化粧水の口コミ感想

 40代女性Sさんの肌潤化粧水 口コミ感想

とことん乾燥肌です。
冬場や季節の変わり目に乾燥が気になり、乾燥小じわが午後になると出てきます。肌潤化粧水を使い始めたらしっとりもっちりで乾燥小じわも徐々に気にならなくなりました。 もう手放したくありません!

30代女性Tさん肌潤化粧水 口コミ感想

米肌のトライアルキットを使いました。その後は値段的に肌極に移行しましたが、米肌はやっぱり良かったので、米肌の定期購入をしています。肌極よりもしっとりモチモチしている浸透感があります。まだ使い始めですが、今後の効果に期待です。

60代女性Mさん肌潤化粧水 口コミ感想

旅行へ行くときはいつもいつも米肌のセットを持ち歩いています。
先日、宿泊した温泉ホテルで見知らぬ宿泊客の方が米肌を使っていました。お互いに米肌談議に花が咲きました。
特に化粧水ファンであることが共通で、お互いの頬の弾力を確認し合ったりしてしまいました。60代になってこんなに旧友のような共通の話が出来るなんて感謝です。

澄肌美白化粧水の口コミ感想

40代女性Mさん澄肌美白化粧水 口コミ感想

紫外線が強くなり始めたので対策を考えていました。
乾燥対策と美白が必須と想い澄肌美白化粧水に決定。 使用感はベタつきなくさっぱりしているので、夏なんかはもってこいだと思います。 満足です。

40代女性Oさん澄肌美白化粧水 口コミ感想

今までは、肌潤化粧水を使用してました。
夏の紫外線の気になるシーズンに合わせて美白化粧水に変えました。 さっぱりした使用感ですが、潤います。
初めて使った翌朝は何となく、「アレ?いつもより白い」と鏡を見たときに感じました。美白エッセンスと合わせて使っていくことでの変化が楽しみです。

30代女性Iさん澄肌美白化粧水 口コミ感想

若返りってあるのかなぁ?ってアンチエイジングに疑いがありました。
でも、顔に出ているシミと黒ずみで悩んでいました。

若い肌になりたい。
と思いながら、昔の写真を見て後悔。
この美白化粧水を使っているうちに透明感を取り戻してきているように感じます。

米肌 肌潤化粧水と澄肌美白化粧水の使い分け方

米肌 化粧水 比較

口コミを見ていると、
乾燥の激しい季節(晩秋~春)=肌潤化粧水
紫外線が強い季節(初夏~秋)=澄肌美白化粧水

として使い分けている方が多いようです。

確かに乾燥が激しい秋、冬は美白よりもしっかりと保湿を重視したいと思いますよね。
でも、紫外線が強くなってくると、メラミンや肌のシミが気になるので、美白の要素が入っていると嬉しいし安心だと思います。

澄肌化粧水でも、肌潤化粧水でも同じですが、フェイスパックで肌に浸透させることでより長時間肌の表面に成分が留まるので、実感を伴いやすいと私は感じています。お手持ちのコットンでも十分だと思います。
フェイスパックをすることで、コーセー米肌独自のライスパワー(肌潤化粧水のみ)や発酵成分などの保湿や美白成分であるビタミンC誘導体(澄肌美白化粧水のみ)がギュ~ッとお肌に入っていく感じで、とっても潤います

米肌 フェイスパック

 

さらに美白を行いたい方には米肌「澄肌美白エッセンス」

美白を追求したい!思う方にはコーセーの米肌澄肌美白化粧水にプラスして「米肌 澄肌美白エッセンス」をお試しください。

美白美容液 米肌

米肌澄肌美白のエッセンスは、医薬部外品の美容液で、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれます。

澄肌美白エッセンスの香りとテクスチャー

無香料でタール系色素フリーです。

香りは一切しません。
香料の香りが好きじゃない方も多いと思うので、無香料というのは良いですよね。

そして、テクスチャーは乳液のような柔らかいクリーム状です。

コスメ大好きコンサルタントMAMI
柔らかいので伸びが良く、1~2プッシュで顔全体にたっぷりクリームが行き届きます。

澄肌美白エッセンス 口コミ

澄肌美白エッセンス 成分

美白コスメで気になるのは有効成分です。

  • 美白有効成分:ビタミンC誘導体(L―アスコルビン酸2-グルコシド)
  • 肌荒れ防止有効成分:ビタミンE誘導体(酢酸DL―α―トコフェロール)
  • 保湿成分:米発酵液/米ぬか酵素分解エキス/イネ葉エキス/白茶エキス/ハトムギ発酵液/乳酸Na/グリセリン/ グリコシルトレハロース

澄肌美白化粧水のビタミンC誘導体にプラスして、ビタミンE誘導体も入っているんですよね。

コーセー 美白コスメ

L-アスコルビン酸2-グルコシド※、酢酸DL-α-トコフェロール※、 精製水、1,3-ブチレングリコール、エタノール、濃グリセリン、ジプロピレングリコール、メドウフォーム油、dl-α-トコフェロール、d-δ-トコフェロール、イネ出穂前葉抽出加水分解物、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、コメ発酵液、チャエキス(1)、ハトムギ発酵液、加水分解コメヌカエキス、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、エデト酸二ナトリウム、オレイン酸エチル、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、グリセリン脂肪酸エステル、シリル化処理無水ケイ酸、ジペンタエリトリット脂肪酸エステル(1)、セトステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ポリオキシエチレンアルキル(12~15)エーテルリン酸(8E.O.)、ポリオキシエチレンラウリルエーテルリン酸、メチルポリシロキサン、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、リン酸一水素ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム、架橋アクリル酸アルキル共重合体、硬化油、水酸化ナトリウム、乳酸ナトリウム液、無水ケイ酸、流動パラフィン、エチルパラベン、メチルパラベン、酸化チタン
※:有効成分 無印:その他の成分

まとめ

コスメ大好きコンサルタントMAMI
季節ごとに澄肌美白化粧水と肌潤化粧水を使い分けている女性が多いようです。

コーセー米肌澄肌美白スキンケア
美白+保湿が両立出来るスキンケアラインです。

  • 澄肌美白化粧水はさらっとしているテクスチャーなのに、肌に乗せるとエモリエントカプセルがはじけることでウルウルの肌が実現
    保湿と美白したい方に大人気!
  • 澄肌美白化粧水にはビタミンC誘導体、澄肌美白エッセンスにはビタミンC誘導体とビタミンE誘導体が配合で
    シミやくすみケア、肌荒れケアも実現できます。

澄肌美白トライアルセット

コーセー 米肌澄肌美白>>

コーセー米肌肌潤スキンケア

潤いを追求して、肌の水分保持能を回復させる唯一の成分が入っているのが肌潤スキンケアラインです。

肌潤化粧水は少しのとろみがある、透明な化粧水で、肌の水分保持能を上げるライスパワー®No.11という成分が入っています。付けた直後よりも翌朝の肌の潤いを強く実感できる米肌肌潤化粧水です。

  • 頬のたるみ毛穴、黒ずみ毛穴に悩んでてももっちり肌が実現
    毛穴悩みから解放されたい方に大人気!
  • 肌の水分保持能を上げるライスパワー®No.11が配合されているので、
    毛穴ケア、小じわケアに最適!

コーセー 米肌で理想的な素肌>>

もっちり肌を作る エッセンス
女性の肌悩みNO1「シミ」をケアする化粧水と美容液|米肌の澄肌美白シリーズ

女性のお肌の悩みの1であることをご存知でしたか? 肌悩みの1位~5位までを見てみると、 1位 しみ(49%) 2 位 たるみ(33%) 3 位 毛 穴の目立ち(32%) 4 位 乾燥(29%) 5 位 ...

続きを見る

コーセー 米肌トライアルセットのご紹介

-化粧水・乳液, 紫外線UV対策, KOSE
-, , ,

Copyright© CosmeLabo , 2017 AllRights Reserved.