妊娠・妊活・授乳 サプリメント・置換え

妊活しながら野菜も食べれる”ピニトール”配合の”葉酸サプリ|VEGEMAMA ベジママ

更新日:

「VEGEMAMA ベジママ」の最大の特徴は、自分たちで材料となる植物を作っているということ!自社のCleanFarmで作られる水耕栽培の野菜は完全な無農薬栽培なのです。

無農薬栽培で作られるアイスプラントを主原料として【公式】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』は安定的に製造されています。
アイスプラントの中に含まれている「ピニトール」が、話題の成分なのです。「ピニトール」は糖のバランスをコントロールしてくれるので、女性の乱れやすいバランスをコントロールしてくれるのです!

VEGEMAMA ベジママの「ピニトール」

ベジママとピニトールの関係妊活サプリではVEGEMAMA ベジママが初めてサプリメントに配合しました。
「ピニトール」は血糖値を下げる働きを持っている植物由来の成分なのです。とくに糖尿病患者の血統コントロールに有効とされている注目の成分です。

ピニトールは不妊の一因である多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果

ピニトールの別名は「植物性インスリン陽物質」
体内でインスリンと同じような働きをしてくれるのです。
不妊の原因の一つとされる多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果があるとの研究がアメリカで進んでいます。多嚢胞性卵巣症候群の原因の一つに「血糖値が高い」ことがあげられるからです。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と不妊

小さな卵胞がたくさんみられる状態の卵巣のことを多嚢胞性卵巣といいます。
これによって正常な排卵に支障をきたすことを多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)といいます。不妊の5人に1人が多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だといわれていますが、不妊の原因と対策自体がいまだに研究途中である事も忘れてはいけません。

とくに「ピニトール」については、アメリカでの研究が進んでいて、欧米では不妊治療の現場でも「ピニトール」が使われています。

ピニトールの効果

妊活妊娠中授乳中の葉酸サプリメント口コミ

ピニトールはインスリンと同じような働きをしてくれる植物由来の成分です。
インスリン抵抗性があり、インスリンでも血糖値を下げられない!という方でもピニトールでは血糖値を下げることが出来ます。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)や糖尿病の改善の効果が期待できる成分なのです。

ピニトールはアイスプラントといわれる植物に多く含まれています。
しかし、アイスプラントは食用での流通がとても少ないので、サプリメントで摂取するのが現実的なのですが、国内のサプリメントではVEGEMAMA ベジママだけが配合している成分がピニトールなのです。

”野菜で女性を幸せにする物語”「VEGEMAMA ベジママ」

VEGEMAMA ベジママが運営する植物工場産の無農薬で安心・安全・高品質の植物を利用したサプリメントにピニトールが配合されています。
ピニトール配合の葉酸はベジママだけ!

ピニトールは女性特有の役割や様々な健康に役立ちますし、VEGEMAMA ベジママサプリメントには1回分400μgの葉酸が含まれています。そのほかにも、ルイボス・ビタミンC・ビタミンEなども配合されて、妊活中の女性、妊娠中の女性の総合的な健康を応援するサプリメントです。

「VEGEMAMA ベジママ」を飲んでみた口コミです!

妊活中の葉酸サプリメント私は大二子妊娠に向けて妊活中です。
はっきり言って、香りと味には癖があります!天然成分配合なので仕方ないかな~というのが正直なところです。

とはいえ、必要な成分を過不足なく配合してくれてピニトールまでプラスαされているわけですからVEGEMAMA ベジママは、女性の美容だけでなく、妊活~授乳まで女性のトータル的なサポートもバッチリ考えているのを感じます。

妊活中のVEGEMAMA ベジママ

小粒で飲みやすいVEGIMAMAベジママ

妊娠したい!と考えている男女に対して、厚生労働省は葉酸の摂取を推奨しています。葉酸は胎児の「二分脊椎症」などの神経管閉鎖障害(先天異常)発症リスクを軽減することが可能なのです。
妊娠の数か月前~摂取しておくと、胎児の成長のための栄養素を体に蓄えておくことができるため、受精や受胎の確率も上がるといわれています。

先述した通り、男女に対して葉酸の摂取が推奨されています。
妊娠を考えるときは、男性側も積極的に協力することが大切です。

妊娠中のVEGEMAMA ベジママ

妊娠中の葉酸サプリはこれ!

4週~12週ころの妊娠初期には、胎児の細胞分裂が最も活発に行われる時期です。細胞の産出を助けるために、様々な欠乏症状も表れやすいのです。
そのため、妊娠中の女性の身体はバランスが崩れやすい傾向にあります。

とくに、赤血球の生産を助ける葉酸の不足は、悪性の貧血(巨赤芽球性貧血)を生き起こす原因にもなります。
免疫機能が衰えたり、消化管機能が正常に働かなくなることもあります。
厚生労働省では、この時期に1日400μgの葉酸摂取を推奨しています

授乳中のVEGEMAMA ベジママ

授乳中の葉酸サプリベジママ母乳の原料は血液です。
血液から、赤ちゃんを育てるための栄養素を作り出しているので、貧血症状を訴えるママは多いのです。出産や授乳でホルモンバランスが乱れることから、「抜け毛」「むくみ」「産後うつ」などの症状も出てきます。

葉酸やピニトールにはホルモンバランスを整えたり、女性特有のバランスをコントロールする作用があるので、積極的な摂取が必要なのです。

VEGEMAMA ベジママの口コミ

35歳 Aさんの口コミ PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)です

PCO(多嚢胞性卵巣症候群)に悩んでいて、不妊、流産、
不妊治療も受けてきました。
ベジママを飲み始めたころに無事妊娠!感無量です。

小さいので飲みやすかったのも良かったです。
ベジママは直径8㎜

30歳 Aさんの口コミ PMS改善!

妊活を始めて1年になります。
ベジママを飲み始めて長いこと辛かったPMS(月経前症候群)が軽くなりました。その頃から基礎体温が安定して、冷え性も改善。
これからの妊活に期待大です。

ピニトールと葉酸が同時に摂れる【新妊活サプリメント】VEGEMAMA ベジママ

http://vegestory.jp/

?

-妊娠・妊活・授乳, サプリメント・置換え
-, , , ,

Copyright© CosmeLabo , 2017 AllRights Reserved.